Shuhei Fujita

Shuhei

Fujita,

Photographer

Born in Fukui Prefecture, Japan in 1958. Since a child, I have learned from his father, Keiichi Fujita, who was a press photographer and studied under Mr Ken Domon, a great master of photographer who established the realism in the photographic world. Having studied in the realism under Mr Ken Domon, Mr Ihei Kimura and Mr Jun Miki who were globally major photographers, I was able to improve the skill and sense of photography and be ready for start to work as a professional photographer.

Work experience

1988-present 1985-1988 1982-1985 1980-1982 July 1979

President and professional photographer, Office of Shuhei Fujita Self-employed and professional photographer
Assistant Photographer, TWO (Tatsuo Watanabe Office Ltd.) Studio Assistant, Roppongi Art Centre Co., Ltd.

Assistant for the final project by Mr Ken Domon

Printings/Books with work

2014 Highlighting Japan (an online monthly magazine, published by Japan Government): Portrait on the article about the Japanese working oversea.

2013 Japan’s Official Development Assistance(ODA) White Paper: Portrait of the Japanese working oversea on the cover.

2013 Exhibition “The Birth of Modern Bamboo Art”at the Tochigi Kuranomachi Art Museum: the photo was used as its iconic image.

2007 Art book “Japanese Bamboo Baskets”published by Kodansha International Ltd.,. : Picked up by British interior magazine “Craft and Design”. The photos will be displayed in the British Museum in 2015.

1980-2000 Record jackets, Photo books and Portraits of popular musicians and entertainers, such as Mick Jagger, William Henry “Bill” Gates III, Kiyoshiro Imawano, etc.

Exhibition

2014 “ Shuhei Fujita”: Collection in 1982-2014
2009 “108 Memory in Tibet”: Portrait and Scenary in Tibet 2004 “Cross Over”

Education

1980 Graduated from Photography Department, Osaka University of Arts (Bachelor)

Shuhei Fujita
藤田修平

ふじた  しゅうへい(フォトグラファー)
1958年福井県生まれ。大阪芸術大学写真学科卒業。東京にてスタジオアシスタントを務め、その後アシスタントフォトグラファーを経て1985年に独立。1988年藤田修平写真事務所設立、現在も活動を続けている。

写真家の父、藤田圭一は日本を代表する写真家土門拳に師事し、同時に新聞社の報道カメラマンでもあった。第三回朝日広告賞を公募部門で受賞。木村伊兵衛や三木純らとも交流があったことより、写真によるリアリズム表現を幼少期より学ぶ。大学在学中には土門拳氏の最後の撮影旅行にも立ち会う。このころより写真を通して見るものの見方や考え方を身につけ始めた。写真家として独立後’80~’90年代はミュージシャンのレコードジャケットやタレントの写真集やポートレートを中心に撮影。2000年以降は国内外の旅を中心に自然や文化遺産なども撮影し表現の幅を広げてきた。2002年 個展「テクノマヌカン」、2004年 個展「Cross Over」、2007年「Japanese Bamboo Baskets」出版(講談社インターナショナル刊)アメリカやイギリスでも高い評価を受ける。イギリスのインテリア雑誌「 Craft and Design」誌では今月の一冊にも取り上げられ、撮影した写真で選ばれたオブジェが、大英博物館に所蔵が決定している。2009年 個展「チベット 108の記憶」、2013年 栃木蔵の街博物館「近代竹工芸の誕生展の籠のメインイメージ写真に選ばれる。2013年版 日本政府開発援助(ODA)白書では海外で働く日本人のポートレートが表紙に選ばれる。2014年 個展 「藤田修平」展、同年 内閣府の広報誌Highliting Japanに記事が掲載(内閣府HP)。近年はNPOや地方自治体での撮影、各界のポートレートも手掛けている。現在、日本の文化、芸術なども撮影し、感じる心の観点から写真を追求し続けている。

お問い合わせ  (mail)